自動車保険の比較・審査・申込なら

自動車保険の教習所

自動車保険の選び方なら自動車保険の教習所がおすすめ

私はこの春晴れて自動車を購入しました。
その際に自動車保険は入る会社によって全く違う!
ということを知ったのでこのサイトを立ち上げました。

是非皆さん自動車保険に入る前に、このサイトをきちんと見て、後悔のない保険選びをしてください。

自動車保険ってどんなものなの??

はじめて自動車保険に入る方はそもそも自動車保険がどのようなものかをきちんと理解できてないと思います。
そのため、まずは自動車保険の主な役割をきちんと学びましょう。

基本的には下記の保険がメインとなります。

対人賠償保険 事故を起こした際に、相手のケガや死亡によって掛かるお金をカバーしてくれる補償
対物賠償保険事故を起こし、相手の車をもしも壊してしまった際に掛かる費用をカバーする補償
搭乗者傷害保険事故を起こしてしまった際に、同じ車に乗っていた同乗者のケガなどをカバーしてくれる補償
人身傷害補償保険過失の割合に関係なくもらえる補償
自損事故保険相手がいない場合につかう補償
無保険車傷害保険事故を起こしてしまった際に、相手が全く保険に入っていないなどで支払をしてもらえないときなどに使うための補償
車両保険車の修理費用のための補償

まずは対人からご説明しましょう。

対人賠償補償の限度額は無制限のものを選ぼう

こちらの補償に関しては、まず、法律で加入が義務付けられている自賠責保険と組み合わせで考えなくてはなりません。

自賠責保険というのは、支払い限度額は、

死亡事故の場合:3000万円(被害者1名あたり)、
重度後遺障害の場合:4000万円(被害者1名あたり)、
ケガの場合:(被害者1名あたり)120万円

と決められています。

そのため、この保険で足りてしまうと考える方も多いのです。
ところが、もし、事故を起こし、相手が死亡または、重度後遺障害になってしまった場合、
上記の限度額では全くまかないきれない金額、例えば億単位などのケースにもなりうります。

このような場合、どうなってしまうのでしょう?

簡単です。差額を全て支払うしか選択肢はありません。

このようなケースから身を守ってくれるのが、任意の対人賠償補償です。
様々なパターンの任意の対人賠償補償がありますが、
ここはこだわりがなければ、出来る限り無制限を選択するベキでしょう。

10万・数十万の世界の話ではありません。数千万・数億円の世界なのです。
そのため、自分で支払うということは現実的ではないので、
出来る限り無制限のものを選びましょう。

対物賠償保険も出来れば限度額は無制限

対人賠償補償に比べて、皆金額は抑えめにする対物賠償補償に関してですが、
こちらも基本的には限度額は無制限がおすすめです。

そもそもこちらの保険がどのような保健かというと
対物の賠償責任は車や家屋などのみなさんが認識しているような、
「モノ」に関してはもちろんきちんとカバーしています。

ただしそれだけではないのです。例えばコンビニに車で突っ込んでしまった。
スーパーに車が突っ込んでしまった。などなどのケースではなんと、
営業補償の支払いまでもが含まれます。

それを『間接損害』といいます。
いわゆる皆さんが考えている、物を壊してしまった、建物を壊してしまったなどは、
あくまでも『直接損害』と定義されており、前述のような、
直接的な損害以外の、営業補償(例えば、事故によって得られるはずの利益が失われてしまったなど)
は間接損害と定義されます。

直接損害だけであれば、確かに無制限にする必要はないでしょう。
しかし間接損害まで入れてしまうと、どこまで金額がどこまで上がるかは分かりません。
そんなときの為に出来る限り保険の限度額は無制限にしておくことをお勧めいたします。

搭乗者傷害保険・人身傷害補償保険はどっちが必要??

おつぎは搭乗者障害保険です。
この保険はどちらかというと、そもそも必要か不要かで悩んでる方が多いのではないでしょうか。

必要か不要かでいうと出来るだけつけておいた方が良いでしょうといえます。

まず、何が違うのかを正確に把握しましょう。
違いは3つです

  1. 金額の計算方法
  2. カバーする範囲
  3. 支払いのタイミング

まず金額の計算方法に関しては、特に皆さん違和感はないでしょう。
人身障害保険はあくまで、実際に損害にあった金額。

対して、搭乗者障害保険に関しては、入院○○円、通院1回○○円など、
あらかじめ決まった金額を貰うことが出来ます。

では、どっちかでは良いのでは?

と良くみんな思ってしまうのですが、
例えば、人身障害保険のみの場合、基本的に損害金額は全て戻ってくるので、
最終的にはこれだけで良いと思います。しかし、落とし穴として損害金額が全額確定するまで、
当然ながらお金を貰うことができないのです。

そして、次に搭乗者障害保険ですが、金額が決まってしまっているため、
当然ながら全額カバーできるかどうかが未確定です。
そのため、入院が長引いてしまったり、重傷の場合治療費が足りないケースがあります。
そう考えると、どちらも大事な保険であり、どちらも不完全な保険なのです。

そのため、予算に余裕があれば出来ればつけておくべきでしょう。

自損事故保険ってなに??いくらの限度額が必要?

自損事故保険とは、相手が全くいないときに使う保険です。
相手がいないのに事故?なんて思うかもしれませんが、
実はそういうこともあるんです。

例えば、木にぶつかってしまう、川に落ちてします。などの事故や、
ガードレールなどにぶつかってしまうなどなど、そんな事故が良く有ります。

私も実際にガードレールぶつけてしまったことは何度も有ります。

このようなケースの場合、実は対物補償は全く使うことはできません。
対物補償というのは、誰かの相手のものを壊してしまって損害賠償の責任を法律的に迫られた場合に使う物です。

そのため、相手が全くいない事故に関しては、自分の保険は使えませんし、
もちろん相手の保険で払ってもらうということもできないため、
自費になってしまいます。そんな時に使う保険が自損事故保険です。

これによって、上記のようなケースでも自分の車を保険で直すことができます。
木にぶつかるなどはまだしも、ガードレールにぶつかる程度のことは良く有ることですし、
そのたびに数十万というお金を払う必要があると考えると元は取れる保険と言えるでしょう。

 

無保険車傷害保険ってなに?どんなときに使うの?

無保険車障害保険とは、正直私はすごく納得のいかない保険なのですが、
こちらも残念ながら必要な保険といえるでしょう。

どのような保険かというと、事故が起きた時に、相手に非があったとしても、
相手に支払い能力があるとは限りません。

そんな時に必要な保険となります。
相手が支払えない分を自分の保険でカバーするのです。

確かに納得はいかない保険ですが、自分の身を守るために、こちらの保険も加入をおすすめいたします。

 

おすすめ自動車保険ランキング

ソニー損保

更新日:

Copyright© 自動車保険の教習所 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.